(c)2015.Tanabota Universe

たなぼたユニバース
たなぼたユニバース
たなぼたユニバース
facebook
facebook
facebook
blog
blog
blog

top > 受講生の声

受講生の声

取材や講演依頼のお問い合せ
取材や講演依頼のお問い合せ
取材や講演依頼のお問い合せ
メインプログラム
メインプログラム
メインプログラム

こころの暦 トキメキ塾 のご感想

講座を終えて…

30代~50代女性

●「今までの自分は「こうなければいけない」自分で生きて来た私でした。

  視座を変える方法を教わり回りの環境が著しく良い方向に変化する事を発見でき嬉しいです。」

 

●「こころの暦に来る日がとても楽しみでした。私にとってワクワクの連続でした。

    こころの暦に出合えた事とてもラッキーでした。ありがとうございました」

 

「こころの暦に出合って、自分の心が軽くなりました。

      きっと自分の心に素直になり、毎日を大切に過ごしたいです。ありがとうございました。」

 

●「若い頃よりも年を重ねて少しづつ生きやすくなって来たかな?と

  思っていたところに自分の“ね”を知り、納得。“こころゆたなに生きたいな”と思います。」

 

●「こころの暦を勉強して自分の役割(ね)がわかりびっくりしました。

  でもだんだん受け入れられるようになってきました。大きな変化になる一年でした」

 

●「人とのご縁をたくさんいただきました。

  自分の役割と仕事、家庭を見直すことが出来て改めて今後の方向を定めて地に足をつけて

  生きれるようになりました。

  今後も多くの方に喜んでもらえるように役割を果たしていきたいです。」

 

●「“一歩踏み出す”そんなメッセージを胸に受け取りこれからの人生が楽しみな私がいます。

  こころの暦にバンザイです」

心の癖が嫌で悩んでいる人には…あなただからこそできる事を知ってほしい

M・Kさん60代女性 (ね50 表現夏の犬 ベース冬の太陽 波11解放)
子供の頃から、通知表に毎回 協調性がないと書かれて、親がどうしてあんたは人と同じことができないのと嘆いていたのを覚えています。
確かに、同じ年頃の子供達がすることが何かバカバカしくて、その輪に入れずにアホなことをやっているなぁと外から眺めている可愛気のない子供でした。
でも何か使命を与えられると、それは懸命に成し遂げることができました。
今でもこころに残っているのは、小学校6年の担任の先生にほんとうのリーダーとは何か徹底して鍛えられた。グループで学習や生活に関わるすべての事をさせるやり方で与えられた課題が、リーダーだけができてもその班全体ができないと残され 何度もやり直しをさせられた。初めは何で自分がそんなに怒られなければいけないのかと悔しい思いをしたが、先生は容赦しなかった。そのうち班全員でできない子を責めるのではなく、協力して学習でできないところがある子には、わかっている子が教え合い、みんなができるようにした。
その結果、増田(先生の名前)学級は学校中で一目置かれるクラスとなっていた。いつの間にか私の通知表から協調性がないという言葉が消えていました。
あれから40年ではなくて、半世紀以上経て「こころの暦」に出会い、自分が何故可愛気のない子供だったのかまさに“そっか、ピョン”です。私のね50 夏の犬表現 冬の太陽ベース 波11です。
波11も今の仕事 自力整体は心と体を解放させていくものです。
人生の13年サイクルでいくと、2015年は夏の犬ダブルです。私の干支は亥ですが、一月生まれですから戌です。トリプル犬です。宇宙の愛を伝えていく年です。
自分の性格、こころの癖に、嫌悪感を感じて悩んでいる人には、このこころの暦をひも解いて、自分の役割を知り、あなただからこそできる事を知ってほしいと思います。自分が好きになり、花開く生き方がかならずできて宇宙と繋がれます。

K・Nさん70代女性(ね204 表現冬の種 ベース冬の蜂 波9脈動)
私は人に仕事をアドバイスする立場にあります。悩みといえば、人を「打って」しまう心の癖でした。自分では当たり前にできることが、ある人にはなかなかできず、もどかしい時があるのです。つい、どうしてこれができないの?と思ってしまいます。相手も辛い、私も辛い、何か違う方法はないかと探していました。

そんな時に出逢ったこころの暦にすぐに惹かれました。
それぞれに役割があり、ハーモニーのように調和し合うこと。それだ!と思いました。

私とあなたはこんなにも役割が違う。私は自分の役割と同じものを皆さんに求めてしまったから苦しかったのですね。みなさんの役割をひも解いてお話します。仕事の指導もそれぞれの役割を活かすことをアドバイスさせて頂きます。それだけでもう、全然違うのですね。自然とうまくいくのです。何より私がとても楽になりました。

自分の世界観から相手を見て「ジャッジ」してしまいますが、それも長年の癖ですね。
自分をゼロにして相手に向かい合えるように日々心がけています。

何より私がとても楽になりました

苦しかったことが、納得に変わりました

T・Rさん30代(ね207 表現秋の手 ベース冬の蜂 波12統合)
役割によってこんなに世界観が違うのですね。心地よい場所・スピード感・直感型か体験型かなど具体的にお話しして頂いて違いが分かりやすかったです。家族関係をこころの暦で見る回が楽しみで受講しました。家族の一人ひとりがぴったりこころの暦に一致して、どうしてあんな風なんだろう?というところも四季の宝の裏モードにぴったりです。長年なぜ?と相容れずに苦しいと思っていた事が、逆に納得(笑)相手の世界観を知って自分の感覚が変わるのが面白かったです!軽くなったぁ~

トキメキ塾
トキメキ塾
トキメキ塾
女性起業塾
女性起業塾
女性起業塾

もっと勉強してみたい

こころの暦トキメキ塾を受講しました。自分のねを聞いても、すぐピンとこなかったのですが、それだけ自分の役割を使っていない、ということなんでしょうね。でもしばらく経ってからじわじわ面白味が増してきています。資格が目的でなく、生活の中で実際に使ってこそのお稽古塾ですとしげさんは言われます。自分の役割の発動のさせ方、もっと深く勉強してみたいと思っています。

たなぼたライフ実践会 のご感想

封じ込めてきたこころを知って、“発動したい~~!”

M・Hさん(ね130 表現夏の犬 ベース夏の鏡 波13超越)
夏の鏡と夏の犬 それが私の役割です。
夏の鏡はありのままを写します。人間関係でも自分自身に対してもウソがちょっとでもあったら嫌。尊敬できる人とは楽しんで仕事ができ、がんばることもできます。そんな私を正直で信用できると見てくれる人もありますが、鏡と犬とで噛みつきモードになった時に、人間関係に苦しんでいました。人を責めるのはいけないこと、自分がいけないのだとしんどい思いをしてきました。
夏の鏡の役割を知ったとき、まず、自分を否定しなくても済むようになりました。
そして、自分のねが特殊なグループにあることを知り、何より四層構造の講義で隠された四季の宝が秋の猿のダブルだと知ったとき、心の底から嬉しさがこみ上げました。
子供の時、私はとにかく毎日が楽しくて幸せだったことを思い出したのです。封じ込めてきた遊び心。“発動したい~~”と叫ぶような気持でした。
今はみんなで遊びたい!秋の猿の役割を活かして描いたカードがMさんの協力で製品化されることになったことに驚きと喜びでいっぱいです。春の時代のやり方でみんなのわくわくにつながってったらいいなと思います。